ご利用者の声

緩和ケア・訪問診療

がんの訪問件数 1115件
(2004~2016年)

緩和ケア・訪問診療で治療を受けられた方の声を紹介します。

  • 大腸がんでアマニカスに入居された利用者 様(70歳代 豊中市)の声

    在宅ホスピスが良かった点はたくさんありますが、何より姑の最期を子供や孫たちまでもが、駆けつけ看取ることができたことが1番で、千里ペインクリニックの先生、看護師の皆様にとても感謝しています。千里ペインクリニックにお世話になったのは、1ヶ月弱の短い期間ではありましたが、病院と在宅ホスピスとを比較してみ…

  • 胆管癌でアマニカスに入居された利用者 様( 70歳代 女性 豊中市)の声

    その節は母が色々お世話になりありがとうございました。手厚く介護してくださった皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。 日々の生活の中で母がいないことが不思議で、また淋しく感じる毎日です。病気がわかってからあっという間の2か月でした。母の日に日に変わっていく様子を見ながら、さまざまな決断をしていかなけ…

  • 食道癌でアマニカスに入居された利用者 様(70歳代 男性 吹田市)の声

    アマニカスの生活は3週間と短く蔓の様です。松永先生を始め皆様には大変お世話になりました。さびしがりで話好きな夫の相手に夜遅くまで付き合って下さったり、快適な生活の為に色々工夫して下さったり、ありがとうございました。車椅子が届いた日は、2階の庭園で日向ぼっこ。久しぶりの外出気分でした。夜の時間を気に…

  • 優しい笑顔で、眠るように・・

    夏の日、食道癌で夫が他界した。始めて蝉の声を聞いた次の日だった。 リクライニングベットからベランダ越しの電線に小鳥がつがいで寄り添い、小枝がゆれて、その間から白い雲が流れゆく、下の公園からは子供の声がしてくる。 住宅でしか味わう事の出来ない風景で、最期を過ごせた夫の幸せを、今、かみしめています…

  • 自宅で・・・父の願いは叶えられ!

    父が食道癌のステージⅣと告知された日から6ヶ月余りで他界してしまいました。身近に癌の怖さを痛感し、なす術の無い(結果的に)医療に愕然としました。激しい憤りを感じ、自分の無力を思い知らされた6ヶ月間でした。 数々の誤診、注射針のミスで両方の手は紫色に変色し、薬の副作用を対処してもらえず、父は苦しみ…

  • いつもそばに居られる在宅医療を!

    (癌で苦しんでおられる方、またはお世話をされているご家族の皆様へ) 一昨年(平成14年)11月ごろ、母が体の異常を訴えたので市立豊中病院検査入院をしました。検査の結果、異常個所は別のところにありましたが、かなり進行した卵巣癌があることがわかりました。高齢で体力もなく手術はできない状態でした。 …

  • 自宅で看取る大切さ・・・その心に残る想い出!

    私の母は、子宮頸部癌で放射線治療をしましたが、肺への転移がありその後病院で抗ガン剤治療を受けたあと在宅医療をお願いし、自宅へ戻って半年後(平成15年)、最後を看取ることができました。 その際、肺ガンで朝から晩まで一日中酸素の吸入をしていましたので、実際の問題として身体の状態や呼吸に変化があっ…

  • 感謝の気持ちで天国に行った妻

    この度、妻の病気に際しましては、ひとかたならぬお力添えを戴きまして、まことに有難くお礼申し上げます。 妻は私より先に天国に行ってしまいましたが、市立豊中病院から家に帰ってからは、千里ペインクリニックの先生・看護師さんの、親・夫婦に劣らぬご看病に対し、心より感謝いたします。 妻も最期は、仏様の様…

  • 家族も、患者本人も安心して・・

    此の度、妻の最期を家で看取ることが出来ましたのは、在宅ホスピスのお陰だと心より感謝しております。 「最期の時を自宅で家族と共に過ごしたい」とは、誰もが望むことでしょうが、お互いどこ迄面倒が見られるか?又、病状が急変した時にどうしたら良いものか?不安が一杯です。そういう不安を解消してくれるのが、在宅…

  • 父との最期・・・とても素晴らしい時間を

    この度は父そして私達家族が大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。 父と最期とても素晴らしい時間を持つことができましたのも、先生方々のお力添えがあったからこそでした。 心からお礼申し上げます。先生方々と出会えましたことを、とても感謝しております。短い期間ではありましたが、最高の医…

カテゴリー