ペインクリニック外来

「ペイン」とは、英語で「痛み」のことを意味し、「ペインクリニック」とは、痛みを診断・治療する診療科です

痛みは人間が生きていく上で、身体に生じた異常事態を知らせる重要な警告反応として大切な役割を担っています。しかし、警告を与える痛みも長引くと日常生活の支障となり、身体的、精神的な苦痛が大きくなります。

仕事もできなくなり、社会的損失も莫大なものとなっています。また、動かさないことによる二次的な痛みが生じます。痛みで身体を動かせないと、関節が固くなり、血流も悪くなります。そのために、さらに痛みが強くなり苦痛が増加します。食欲も低下し、うつ状態となります。こうして痛みの悪循環が始まります。

痛みの悪循環から抜け出し、自分らしい生活を取り戻しましょう。

ペインクリニックで多く見られる痛みの原因・病気

痛みの分類

ペインクリニックで多く見られる病気は、腰椎、頚椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、胸椎・腰椎圧迫骨折、変形性頚椎症、側わん症、分離すべり症、変形性膝関節症などによる痛み、帯状疱疹の痛み、頭痛、肩こりなどです。

年齢とともに、背中や腰の骨、椎間板の変形が進み、神経に当たることで周囲の神経に炎症が起こり、様々な神経痛を生じます。帯状疱疹は、皮膚が治っても、何年も痛みが残ることがあり、早期に専門的な痛みの治療が必要です。

また、パソコン業務の多い現代の生活は若い年代から肩こり、頭痛、腰痛の原因となっています。さらに、ストレスやうつが痛みを増強する作用があることがわかってきています。

このような痛みを、専門的な知識と技術で総合的に診断・治療するのがペインクリニックです。まず、痛みの原因を調べ、痛みの治療を行います。

ペインクリニックで行われる治療

こんな症状の方、お問い合わせください。

    • しばらく歩くと足が痛む
    • 足・膝が痛い
    • 足がしびれる
    • 階段の上下がつらい
    • 肋骨が痛い
    • 背中が痛む
    • 腰が重い・腰が痛い
    • 首、肩の痛み・こり
    • 五十肩と言われた
    • 肩が上がらない
    • 頭痛の頭の後ろが痛い
    • 目の奥が痛い
    • 顔のまひ(顔面神経のまひ)
    • 舌の痛み
    • 目のまわりがけいれんする(眼瞼けいれん)
対象となる疾患名
  • 帯状疱疹の痛み
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 脊椎管狭窄症
  • 頭痛
  • 膝の痛み
  • 圧迫骨折
  • がんの痛み …など

ペインクリニック外来の特徴

千里ペインクリニックでは、緩和ケアにも力を入れています。

がんに伴う痛みや様々な症状、精神的苦痛を治療することを緩和ケアと言います。

がんの多くは痛みを伴うことがあり、特殊な痛み止めや麻薬を使う必要があります。麻酔科医でもあるペインクリニック専門医は、病院で麻酔をかけるときに麻薬を使い慣れているため、緩和ケアに携わる機会が多いのが現状です。

当院では、ペインクリニック専門医がご自宅に訪問し、24時間体制で緩和ケアを提供しています。また、病院の主治医と連携を取り、病院での治療をサポートしています。

緩和ケアの対象は、痛みだけではありません。抗がん剤などの副作用やがんによる症状、例えば吐き気、倦怠感、食欲低下、発熱、腹水、胸水、呼吸苦などの治療を行っています。

ご自宅で24時間、365日体制での医療・看護のサポートを受けると、患者様だけでなくご家族も安心して生活できます。