リハビリテーション

リハビリテーションにも力を入れています

痛みが強いと、身体を動かさなくなるため、関節や筋肉の硬縮が起こり、血流も悪くなるため、さらに痛みが悪化します。痛みが強くなると、不安やうつ状態が強くなり、また動かさなくなります。その結果、さらに関節や筋肉の硬縮が進み、さらに痛みが悪化していきます。

こうした痛みの悪循環を断ち切るには、適切なブロック治療を行い、痛みを軽減しながら、筋肉や関節の硬縮を和らげるリハビリテーションが必要です。

痛みが強いとリハビリもできませんが、
ブロック治療と並行に行うことで、リハビリが行いやすくなります。

専門のスタッフが動かすことに対する不安・恐怖心を取りながら、
丁寧にリハビリを進めていきます。

ペインクリニック外来の特徴