お知らせ 詳細

頸椎椎間板ヘルニア


腰のヘルニアは皆さん、よくご存じだと思いますが、首にもヘルニアがあります。骨と骨の間にある椎間板というクッションが年齢とともに傷んできて、後ろに飛び出してきます。後ろには脊髄というとても大切な神経の束があり、上肢に伸びていくたくさんの神経が出てきます。そのような神経に椎間板が当たると、神経に炎症が起こり、肩や肩甲骨周囲、上肢にしびれや痛みが起こります。ひどくなると、夜も眠れないほどの痛みとなります。

整形外科でヘルニアと診断されると、投薬を受け、牽引をすることが多いです。しかし、首のヘルニアによる痛みは結構難治性であり、様々な強い薬を服用してもなかなか治まらないことが多いです。

ペインクリニックでは、神経ブロック治療を行います。腰のヘルニアと同じで、傷んだ神経の周りに局所麻酔薬や抗炎症薬を注入し、血流をよくします。局所麻酔薬や抗炎症薬そのものが炎症を抑える作用がありますが、特殊な場所に打つことで、交感神経が遮断され、血流がよくなるのです。血流がよくなると、自分で治す力も強くなり、炎症が早く治まるようになるわけです。ヘルニアがあっても、神経の傷が治っていけば、痛みは改善していきます。時間が経てば、ヘルニアそのものの大きさも小さくなることが多々あります。

首のヘルニアは麻痺がなければ手術の対象になることはあまりありません。痛みやしびれだけでは、整形外科医は腰を上げません。なぜなら、首の脊髄は、足に至るすべての神経が通っており、万一、合併症が発生すると、その後遺症は非常にシビアなものになる可能性があるためです。しかし、眠れないほどの痛みに襲われるわけですから大変ですね。神経ブロック治療を行っても、なかなか痛みが治まらないこともあります。しかし、何度も繰り返して行うことで、ほとんどの方は、痛みも軽減してきます。首の注射などは、とても怖いと思われると思いますが、今はエコーというすばらしい機械があり、エコーを見ながら、危ない血管などを避けて安全に注射することができます。

現代の社会は、パソコンを使うことが多く、首への負担は大きいです。若い年代の方も多く訪れます。ぜひ、一度ご相談ください。

犬もヘルニアになります。私の飼っているラブラドールの次郎が今年の夏に首のヘルニアになりました。歩き方がおかしいなと思ったら、急に手足4本に麻痺が来ました。40kgも体重があり、持ち上げて排便、排尿をさせるのが大変でした。無事、手術を受け、術後2か月経過しましたが、今では、元気に散歩できるようになりました。人間だったら、さぞ痛そうなヘルニアがありましたが、犬が痛くないこともあるそうで、次郎はちっとも痛がりませんでした。IMG_5896

獣医さんには、体重を落とすよう言われました。人間も同じで、肥えていると、特に腰のヘルニアにはなりやすいです。現在、私と3匹のラブラドールはダイエット中です。

院長 松永 美佳子