お知らせ 詳細

腰椎椎間板ヘルニアに対するペインクリニックの治療法


腰椎の疾患の主たるものの一つに腰椎椎間板ヘルニアがあります。
前回のブログでは、腰痛の原因には、主に3つの疾患があることを述べました。腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症による椎間関節痛です。今日は、腰椎椎間板ヘルニアについてもう少し詳しく述べてみます。

ペインクリニックと整形外科で何が違うのか?
どちらも、診断をつけることから始まります。腰が痛い、足が痛いと言われる患者さんが来られると、お話しを聞き、診察し、レントゲン、MRIなどを撮って、その原因を調べます。腰下肢痛の原因がヘルニアであることがわかると、整形外科では投薬を始めます。牽引、温熱療法などもするでしょう。一方、ペインクリニックでは、神経ブロック治療を始めます。投薬も併用します。神経ブロック治療とは、脊髄の近くに局所麻酔薬を注射し、神経の周囲の血流をよくします。血流をよくすることで、神経の炎症を早く改善させ、強いては、神経の傷の治りを促進します。よって、痛みが早く軽減することになります。

急性期と呼ばれる発症して3か月程度の時や痛みが強いときは、毎週ブロック治療を行います。注射自体は毎日しても身体に毒はありません。しかし、保険が効かないので、週1回しか打てません。痛みがよくなれば、徐々に注射の間隔を開けていきます。痛みがよくなると、自然に動く量も多くなるので、再発しないようにフォローしていきます。ヘルニアは椎間板が突出したものですが、一度出たものは引っ込みません。出たものが、小さくなることはありますが、元のさやに戻ることはありません。ちょっとでも小さくなれば、神経から離れることになり、MRIでヘルニアがあっても、まったく痛くない状態になります。そうなるのには、早くて数か月から半年、1年くらいかかることもあります。ブロック治療をすると痛みが軽減するので、仕事に復帰しやすくなり、日常生活でも活動が増えますが、初期のうちに動きすぎると、また神経が圧迫されて傷が再発することになりますので、しばらくは6割稼働が望ましいです。

下肢に麻痺が生じたり、排尿、排便障害などが生じたときは、手術になります。また、スポーツ選手など、長期安静が保てず、一日も早く完全復帰しないといけないときは、手術が適応となります。

しかし、ヘルニアの9割弱は切らずに治ると言われており、できるだけ保存的に(切らずに)治すのがいいかと思います。なぜなら、また将来ヘルニアは同じ場所や他の場所に再発する可能性があるからです。何度も手術することは、難しくなります。その時、では、今度は切らずにお注射で治しましょうと言われても、手術した場所にブロック治療を行うことも難しくなります。ですので、なるべく切らずに保存的にブロック治療で乗り越えていくのがいいかと思います。お薬も併用します。注射でだんだん痛みが軽減すれば、薬を服用することも減っていきます。

では、次は腰部脊柱管狭窄症の治療について述べますね。

院長 松永 美佳子

IMG_8331