お知らせ 詳細

今こそ自宅で!在宅ホスピス


コロナ禍が続く中、自由に外出ができなくなり、半年が経ちました。

第一波が終わり、次は秋ごろに第二波が?と思っていたら、あっという間に第二波が起こりました。経済活動も再開される中、自然に治まる気配はありません。病院に行けば、コロナが移るのではないかと調子が悪くても外出を控えます。病状が悪化してから病院に行くケースも増えています。こじれると、治癒にも時間がかかり、取り返しのつかないことにもなりかねません。かと言って、病院に出かけるのも怖い。

こんなとき、在宅ホスピスはありがたい存在です。自宅にいながら、24時間体制で体調を管理してもらえます。待合室で何時間も待つ必要もなく、住み慣れた自宅で診察を受けられるのです。そして、いつ調子が悪くなっても、24時間体制だから安心。真夜中でも日曜日でも祝日でも、いつでも相談できます。必要があれば、看護師や医師が自宅に診に来てくれます。タクシーや電車で感染を気にしながら、調子の悪い身体を動かす必要もないのです。

もし、病院での検査が必要となったら、訪問する医師が病院の主治医に連絡を取ってくれます。自分で電話して主治医を捕まえるのは大変ですが、訪問してくれる先生に任せておけば、すべてベルトコンベアに乗っているようにスムーズに進みます。

癌を抱えて自宅で生活されている方、ぜひ、在宅ホスピスをご利用ください。今、このコロナ禍こそ利用すべき存在です。

20200901院長 松永美佳子