お知らせ 詳細

トリガーポイント注射


頭痛、肩こり、膝の痛み、腰痛など、慢性的な痛みで悩んでいる方もたくさんおられます。

慢性的な痛みが続くと筋肉にしこりができ、痛みを起こす物質がたまってさらに痛くなります。痛くて動かさないので血液のめぐりが悪くなり、さらに痛みのもとがたまるという悪循環が起こります。

筋肉のしこりは押さえると固くて、圧痛を生じます。それをトリガーポイントと呼びます。トリガーポイント注射はこりのある部位に局所麻酔薬や消炎鎮痛薬を注入する治療です。局所麻酔で一時的な鎮痛を得るための手技と誤解されがちですが、痛みの悪循環をブロックするため、根治療法となりえます。

調理の仕事だったり、あるいはゴルフをやったりで肘を痛めた方も、トリガーポイント注射で改善して、仕事に復帰できたり好きなゴルフを続けていたりされています。
トリガーポイント注射は、抗血小板薬や抗凝固薬を服用されている方でも注射を行うことができる、安全性が高い注射になります。

慢性的な痛みにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

医師 富野 敦稔