お知らせ 詳細

シリーズ1:腰痛


いろいろな痛みがありますが、まず腰痛から解説します。

腰の病気で一番多いものは、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症という病気です。高齢になるほど、この患者様が増えます。
腰も長年使っていると、骨や椎間板が変形し、近くの神経を傷つけます。大きく、折れ曲がっている背骨をお持ちの方もおられます。

椎間板ヘルニアは、皆さんご存知のように、骨と骨の間のクッションである椎間板が後に突出して、後ろの脊髄や足にいく神経に当たり、神経に傷を作ります。神経に炎症が起こると、神経支配領域に激しい痛みが生じます。腰から離れた膝から下や親指、足底などに痛みが生じることもあり、痛みの起こる場所は様々です。また日によって場所が移動します。また、脊柱管狭窄症は、椎間板や脊髄の周りの靭帯が肥厚し、骨の中を通っている脊髄を圧迫する病気です。

脊髄全体が圧迫されていて、周囲の血管も圧迫されているので、血流不足となります。何分か歩くと、腰や足がしびれたり痛くなって立ち止まることが多いです。これを間欠はこうと言います。歩くことで血流が不足し、ちょっと休憩して!と神経が訴えているのです。

次に多い腰痛は、腰椎椎間関節痛です。骨と骨がかみ合わさっているところを、関節と言います。腰にはたくさん関節があって、そこが動くことで複雑な動きをすることができます。年を取ると、変形を起こし、その中の髪の毛のような細い神経が炎症を起こします。いわゆるぎっくり腰はこれが多いです。若い人でも、ぐきっとなって、動けなくなる場合があります。若い人は関節もまだきれいですから、ブロック治療ですぐよくなりますが、高齢者は、関節がかなり傷んでいるので、なかなか完治は難しいです。機械で言うと、さびているようなものです。

さて、次回は治療方法についてご説明します。
今日はこれでおしまいです。

松永 美佳子

IMG_8398